ロックペイント大阪本社「新本社棟」 竣工

新本社棟

当社は今年2021年、おかげさまで創業90周年を迎えます。この節目にあたり創立の地、大阪本社の事業所再編の端緒として昨年2月より「旧事務棟」を解体。今年2月には、同跡地に規模と機能を拡充したRC造4階建て「新本社棟」が完成しました。

「新本社棟」は室内の快適性を損なうことなく、さまざまな省エネ技術の採用により、温室効果ガス排出量の削減に寄与する環境にやさしい省エネ建築物として「ZEB Ready※1」を達成し、「BELS※2」認証の五つ星を取得。さらに、セキュリティやBCPを重視した‟レジリエント建築”として高い安全性を備えました。

地域のランドマークであった旧本社棟「ロック・ホール」から、2022年竣工予定の「技術棟」へ技術開発部門を移転させた後に、老朽化のため「ロック・ホール」は終焉を迎える計画です。私たちは新しい環境で知的生産性を高め、持続可能な脱炭素社会の実現に向けた生産体制を構築します。続く100周年に向かって社員一体となり、新しい価値の創造を通じて人と環境にやさしい商品の開発・普及に努めてまいります。

ROCK PAINT OLD>NEW HEAD OFFICE
ZEB Ready
  • ※1 ZEB Ready(ゼブ レディ : Net Zero Energy Building Ready : ネット・ゼロ・エネルギー・ビル・レディ)「ZEB」とは快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物のこと。「ZEB Ready」は、建物の一次エネルギー年間消費量が、建築物省エネ法に基づく基準一次エネルギー年間消費量に比べて50%以上の削減を実現する建物と定義される。
  • ※2 BELS(ベルス:Building-Housing Energy-efficiency Labeling System:建築物省エネルギー性能表示制度)建築物省エネ法により国土交通省が制定したガイドラインに基づいて、建築物の省エネ性能を第三者評価機関が5段階の★の数で評価認定をして性能を表示する制度。

■ 新本社棟の主な特長

外 皮:
・RC造高断熱外皮
・遮熱タイプLow-E複層ガラス
・屋上太陽光パネル
空 調:
・高効率PACエアコン
・実負荷レベル対応バックアップ空調機器最適制御
照 明:
・全館LED照明
・事務室タスク・アンビエント照明
・各種照明制御
(明るさ検知、在室検知、スケジュール)
給 湯:
・潜熱回収型ガス瞬間湯沸器&自動給湯栓
昇降機:
・回生インバータ&VVVFエレベーター
その他:
・浸水災害を想定した各電気設備の最適配置
・品格ある外観意匠の鉄筋コンクリート外装
  • 新本社棟1吹き抜けがもたらす開放的オフィス空間
  • 新本社棟2大阪ビル群が一望できる4階大会議室